雑食男子してます

DTM。その傍らゲーム。

クレーマーってどうしたらいいの…(事の発端ver)

はい、ぴよまるです。

 

先日、バイト先にてクレーマー(常連さん)に目をつけられてしまい、今後が頗る心配で心配でならない、超絶怒涛の清純派喫茶店員です。←

 

この記事を書いてる時点では、つい6時間前の出来事でして、憂さ晴らしにカラオケに来ております。←

 

まぁ、ストレス発散で書いてると思っていただいて大丈夫です。←

 

で、

それでね、

 

その常連さん(以下O(オー)さん(おばさんの略))の今後の対応について、色々シミュレーションしてみようかと思います。

で、そのシミュレーションはまた次回、「クレーマーってどうしたらいいの…(シミュレートver)」とでも称して記事を書きたいと思います。今回は、事の発端をツラツラと書き殴ることにします。

 

はぁ…←

 

まず、事の始まりなんですが、

Oさんは前々からクレーマーとして有名でした。

しかし、僕自身、以前は結構楽しく会話もできていて、どうしてそこまで嫌われているのか正直わかりませんでした。

6時間前までは。←

ある日、普通に会話をしておりました。凄く盛り上がっておりまして、僕もかなりテンションがあがっておりまして、Oさんも笑顔でした。

笑顔。

満面の笑み。

がしかし、

ついテンションの上がった僕は、

試したくなったのです。

どこまで親しく接することができるのかと。

挑戦しました。

話の流れを巧みに操りながら、これから使う「そのフレーズ」が巧妙に、話のピースに合うように、その場の空気を濁さないように、僕は放ちました。親しみを込めて、

 

『おばさん』

 

と。

 一人称を『おばさん』とし、

「もうー!おばさんなんて失礼でしょー!笑笑」

を待ってました。

 

しかし、

 

場の空気が、

反転します。

 

刹那、

Oさんはスタスタと玄関へ向かう。

僕は、婦人の、その帰っていく様をただ呆然と見やることしかできませんでした。

 

店長や同僚にも散々「地雷を踏んではいけないよ」と言われてきました。

僕は目に見えている地雷を、興味本位で、「まぁ爆発なんてしないっしょーwww」的な興味本位で、全身ダイブ→爆死をキメたも同然。

 

はい。

 

以上が事の発端です。

 

次の日、店長に一本のクレームが入ったそうです。

 『店員の態度が悪い』

それも長々と説教されたそうで。

本当に申し訳ないと思いましたし、今でも(今回の件についても)すごく申し訳ないと思っております。もちろんその常連さんに対しても、です。

その事の発端から1ヶ月経った6時間前。

Oさん来店。

これまでとは明らかに態度が違います。

そして、僕がドリンクをお渡しする時に

 

O「アレちょうだい」

 

と申されました。

しかし、アレがわからなかったので、

 

ぴ「何でしょうか…?」

 

と返答しますと、

 

O「もういらない!!!!何なのその態度!!!!前々からあなた気に食わないのよ!!!!!」

 

ぴ『ファッッッッ?!』

 

接客はいつも通りにしていたつもりなのですが…

急すぎて頭が追いつかなかったため、呆然とたちすくむピヨ氏。

店長と話がしたいとのことで、電話でお繋ぎもしました。

あとは、僕が反省してないと最後まで言い張り、ついには

「精神年齢小学4年生」

だとか

「社会に出ても君には無理だろうね」

とか

「あなたの顔を見るだけでも腹が立つ」

など言われる始末。

お帰りになられるのに40分くらい経ちましたでしょうか…

 

内容をかなり要約しましたが、こんな感じでして。

まぁ、

なんというか、

自業自得というか

なんというか

 

ばいなら